【みんな知らない?】獣医師になるには

獣医について

こんにちは、たまです!

今回は「獣医師のなり方」についてざっくりと解説していこうと思います。

この記事は、

  • 将来獣医になりたいなあと思っている人
  • 獣医さんがどういう風に獣医さんになるのかを知りたい人

におすすめです。

たま
たま

獣医師になるにはそれなりに長い道のりがあるんですよね…。では見ていきましょう。

獣医学科受験

まず獣医師を目指そうと思った場合、一番高い壁が大学受験です。

獣医師になるには獣医学科を卒業しなくてはいけません。

ただこの獣医学科を設けている大学が全国に17大学しかなく、定員は全大学合わせて約1000人です。

獣医学科の受験難易度は高く、大学ごとにばらつきがありますが大体偏差値が60くらいのようです。

受験生向けにわかりやすい具体例を出すと、「国公立の一般的な学部は受かるし、旧帝大学も学部によっては受かる、滑り止めはMARCHか関関同立かな」くらいのレベルだと思ってください。

受験に関しては別記事で詳しく解説しますね。

たま
たま

個人的には受験勉強はつらかったけど楽しくもありました。人生のイベントだと思って頑張りましょう!

獣医学生の大学生活

つらい受験勉強を終えて大学に入学できました!

そこで待っているのはバラ色の大学生活と大量の獣医学についての勉強です。

獣医学の勉強については、以前は大学ごとの特色もあったようですが、現在ではモデルコアカリキュラムという制度が導入され、どの大学でも均一な教育を目指しているようです。

そしてこの獣医学の勉強を6年かけて行います。

詳しい大学生活は別記事で解説します(なにせ6年分あるので 笑 )

たま
たま

入学したときは他学科と時間割が違いすぎてビックリしました(笑)

獣医学生の就活

国家試験が始まる前に多くの獣医学生は就職先を決定します。

動物病院で働く獣医さんの就活はとても簡単です。

  1. 就職したい病院を探す
  2. 実習に行く
  3. 就職したいと連絡する

これで終わりです。エントリーシートやSPIはなんの事かわからないまま就活が終わります。

ちなみに、実習には大体2~3件くらい行く人が多いようです。

たま
たま

就活が他学科と比べて唯一楽なイベントかもしれませんね。

獣医師国家試験

いよいよ総決算の国家試験です。

2月に行われる国家試験に向けて、勉強を始める時期は私大か国公立かで大きく異なるようで、国公立では12月ごろ、私立ではもう少し早めからが一般的なようです。

国家試験の会場は北海道、東京、福岡の3会場のみで行われるので、地方大学の学生は、前日入りしてクラスのみんなでホテルに泊まります。

修学旅行みたいで楽しいです(笑)

ちなみに国家試験の合格率は90%を超えます。人にもよりますが、受験勉強よりは楽だったように感じました。

たま
たま

国試勉強は友達と一緒に勉強するので、1日中友達と過ごします。

なので人によってはあまりつらくないはずです。

とうとう獣医師

国家試験の合格発表が3月の中旬に行われ、合格者は晴れて獣医師になります。

国家試験の合格率は約90%と高いものになっています。

4月の1日からは仕事が始まるので、そのわずかな期間に卒業式や引っ越しなどを怒涛のようにこなします(毎晩飲み会で肝臓が爆発するかと思います)。

たま
たま

国試は90%以上受かる試験といっても、ちょっと心配にはなります(笑)

合格発表前にみんなで卒業旅行に行ったりするので、絶対いい点数を取って旅行を楽しめるようにしましょう。

まとめ

何となく獣医師になる方法がご理解いただけたでしょうか。もっと興味がある方は、リンクから他の記事も読んでみてください。

獣医師はなるまでに時間がかかりますが楽しい職業だと思うので、目指す方はぜひ頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました