【犬が咳をする】犬の気管虚脱の原因と治療法

犬との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は小型犬で多い「犬の気管虚脱」について解説します。

この記事は

  • 飼っている犬が咳をして心配な方
  • 動物病院で気管虚脱と診断された方
  • 犬に多い病気について知りたい方

におすすめです。

犬の気管虚脱は「気管がペチャっと潰れることにより、息が苦しくなり、咳も出るという病気」です

なぜ気管が潰れるのか、どんな子で気管虚脱が起きるのかを一緒に見ていきましょう。

たま
たま

気管虚脱がひどいと場合によっては酸欠で倒れてしまいます。

気管虚脱かな?と思ったら動物病院に行きましょう。

気管虚脱ってどういう病気?

気管は体の中の空気の通り道で、口及び鼻と肺を繋いでいます。

気管は管状の形をしていますが、気管虚脱という病気ではその管の形がぺちゃっと潰れてしまいます。

すると空気がうまく肺まで運べず、呼吸が苦しくなります。

また、気管がつぶれることにより、気管が刺激され、乾いた咳が出ます。

たま
たま

他にも「がちょうの鳴き声のような」と表現される「ガーガー音」がする場合があります。

気管虚脱の原因は?

気管虚脱は気管を作っている軟骨が弱くなり、気管がつぶれることによって起こります。

しかしながら、なぜ気管の軟骨が弱くなるのかは分かっていません

ただ、頻繁に気管虚脱を発症する犬種があることから、遺伝的な原因があると考えられています。

たま
たま

原因がわからないので、治療や予防をしにくい病気です。

気管虚脱の好発犬種は?

色々な病気には「なりやすい犬種」が存在します。

「その病気になりやすい犬種」を「好発犬種」といいます。

気管虚脱の好発犬種は、小型犬であることが知られています。

中でもヨークシャー・テリア、ポメラニアン、チワワに多い印象があります。

ただ少ないながらも、中型犬以上の犬でも発生することがあるそうです。

たま
たま

これらの犬が「咳」、「呼吸が苦しそう」という症状できた場合、「気管虚脱」か「僧帽弁閉鎖不全症」を疑いがちです。

気管虚脱をどうやって診断するの?

咳をする病気はたくさんあるため、症状だけではわかりません。

気管虚脱はレントゲン画像で判断します。

気管虚脱のレントゲン画像は、気管が細く見えるので、程度にもよりますが比較的診断は簡単です。

さらに詳しく解説すると、気管虚脱には「頸部気管虚脱」と「胸部気管虚脱」があります。

頸部気管虚脱では息を吸うときに気管が潰れ、胸部気管虚脱では息を吐くときに気管が潰れるという特徴があります。

なのでレントゲンは、息を吸った時(吸気時)と息を吐いたとき(呼気時)の二枚取る必要があります。

たま
たま

犬を横に倒して、側面から撮ったレントゲンで診断します。

気管虚脱の治療は?

気管虚脱の治療には、内科的治療と外科的治療がありますが、多くは内科的治療が選択されます。

内科的治療

内科的治療(お薬による治療)で使われる薬は以下のようなものです。

  • 痰を取るような薬(カルボシステイン)
  • ステロイド剤(プレドニゾロン)
  • 抗菌薬
  • 気管を拡げる薬(テオフィリン、アミノフィリン)

鋭い人は「咳が出るなら咳止めを飲めばいいんじゃないの?」と思ったかもしれません。

実は咳止め(鎮咳薬)は使い方が難しく、正常な反応である咳(痰を排出するための咳)も止めてしまいます。

なので咳止めは、獣医師の考え方と犬の状態によって使うかどうかが変わります。

たま
たま

多くの獣医師は咳止めを使わないんじゃないのかなあと感じます。

外科的治療

外科的治療は「気管がつぶれているのならば、物理的に形を保てばいいじゃないか」という考え方で行われます。

簡単に言うと、気管の中にステントと呼ばれるものを入れて、中から支える手術をします(イメージ的には、気管に傘を入れて中で開くイメージ)。

ただこの手術は、ステントが壊れる可能性があること、ステントに痰が絡まってしまうことがあること、特殊な手術で費用がかかることが問題となります。

なので、内科的治療では治まらないような重度の気管虚脱に使われます。

たま
たま

基本的には大学病院などの設備の整った病院でしか行わない手術です。

気管虚脱は予防できないの?

気管虚脱は正確な原因がわからないため、完全に予防することはできません。

しかしながら、気管虚脱を発症する可能性を下げることはできます。

その方法は以下のようなものです。

  • 高温多湿の環境を避ける
  • 暑い時間には散歩を控える
  • 首輪を胴輪に変える
  • 肥満にさせない

この中でも特に注意すべきは肥満です。

肥満になると胸の中にも脂肪がつき、気管を圧迫してしまうので、好発犬種の犬では特に肥満に注意しましょう。

実際にひどい気管虚脱の子は、肥満の子が多いです。

たま
たま

肥満の治療は気管虚脱の予防にもなりますが、気管虚脱を治療する際にも行います。

まとめ:犬の気管虚脱

いかがでしたでしょうか。

犬の気管虚脱は、咳だけの軽いものから、命に係わる場合もあり、怖い病気です。

好発犬種を飼われている方は、ぜひ予防法を実践して、気管虚脱にならないようにしてあげてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました