【みんな悩んでいる】子犬のトイレトレーニングを解説

犬との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は、子犬のトイレトレーニングについてお話しようと思います。

この記事は、

  • 子犬を飼い始めたけど「しつけ」の仕方が分からない方
  • 子犬のおもらしで困っている方
  • 子犬を飼う前にある程度知識をつけたい人

におすすめです。

では、さっそく見ていきましょう。

ちなみに、子犬の飼い方を全体的にざっくり知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

たま
たま

動物病院で多い相談事の1位は「トイレの問題」か「噛む問題」です。

多くの皆さんが悩んでいるのでしょう。

子犬のトイレパターンを見極めよう!

トイレを成功させるためには、わんちゃんの正常な排泄行動を把握しましょう。

まずトイレをしやすいタイミングを理解することが重要です

寝起き・食後・遊んだ後・お外から帰ってきた時・飼い主さんが帰ってきた時

などがトイレをしやすいタイミングです。

さらに、トイレをするときのサインを見逃さないようにしましょう

地面のにおいをくんくん嗅いだり、そわそわと遊んでたところから動いたり、くるくる回ったり、こういった行動がトイレの合図です。

トイレのタイミングとトイレのサイン(合わせてトイレパターン)を見逃さないことが、トイレトレーニング成功への第一歩です

たま
たま

子犬が走り回っていてよくわからないという方は、しばらくの間自分と犬をリードで繋げばよく観察できるはずです。

トイレがしやすい環境を整備しよう!

わんちゃんは基本的に自分の寝床を汚したくない子が多いです。

なので、トイレの設置場所は、寝床や食事場所から離れた場所が望ましいです。

わんちゃんのサークルやケージが狭すぎると、どうしても寝床とトイレが近くなってしまうので、飼われるお家に合わせてトイレの設置場所も工夫しましょう。

また、トイレだけをサークルで囲っておくと、ペットシーツから排泄物がはみ出るのを防ぐことができるのでおすすめです。

他にも、初めはトイレの回りをすべてペットシーツで囲んでおき、その面積を少しずつ狭めていくことで、部屋を汚さずトレーニングができます。

たま
たま

特にトイレまわりをすべてペットシーツで囲む方法は、有効である場合が多いようです。

トイレトレーニングを始めてみよう

トイレパターンを見極めて、トイレの環境を整えたら、トイレトレーニングを始めてみましょう。

「トイレトレーニングを始めてみようと言われても…」と思った方、大丈夫です。

トイレトレーニングのやり方は、以下のようなものです。

  1. 子犬のトイレパターンを確認する。
  2. 子犬をトイレに連れていく
  3. トイレで排泄させる

これだけです。

子犬を良く観察し、根気よく続ければトイレトレーニングは成功するはずです

他にも重要なポイントがあるので以下で解説しますね。

たま
たま

世間にはいろいろな情報がありますが、意外とトレーニングの基本はシンプルで共通しているはずです。

トイレトレーニングのコツ

トイレトレーニングは簡単に行うことができますし、コツをつかめばトイレを覚えるまでの期間がグッと短くなります。

コツは、「怒らず褒める」です。

ぜひコツを覚えて実践しましょう。

成功したら褒める

トイレトレーニングで一番大切なのは、成功したら褒めることです。

当たり前のことすぎますよね(笑)でもこれが重要なんです。

まず排泄しそうなタイミングが来たら、わんちゃんをトイレに連れていきましょう。

排泄をし始めたら、すぐに「良い子だね~」「えらいね~」と誉め言葉をかけます。

排泄し終わったら、すぐに口元にご褒美を差し出しましょう。

ご褒美を与えるタイミングは、「排泄が終わってすぐにです。

あまり間があいてしまうとわんちゃんは何に対してのご褒美か分からなくなってしまうので気をつけましょう。

たま
たま

おやつをむやみにあげるのはオススメしていません。しかし、しつけの時などに使うのは非常に効果的なので、積極的に使いましょう。

怒らない

もしわんちゃんがトイレに失敗しても、怒ってはいけません

これも非常に重要です

トイレを失敗してしまうと怒りたくなる気持ちは分かります。

さらにネットには、怒ることを勧めているような記事も見かけられます。

ですが、失敗したときに強く怒られても、わんちゃんは「トイレの失敗を怒られた」と認識できず、むしろ「人がいるときに排泄すると怒られる」と学習してしまいます。

そうなると、家具の隙間や人目の付かないところで排泄するわんちゃんになってしまうので、気をつけましょう。

トイレに失敗した際は、ニオイが残らないようにきれいにしましょう。

もしいつも失敗してしまう場所(毛布やカーペット)があればトイレトレーニングが完了するまで片付けておきましょう。

たま
たま

昔は「しかる」方式が主流でしたが、現在は「褒める」方式が主流です。

時代の変化を感じますね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子犬のトイレトレーニングについて悩む人はとても多いです。

確かに最初は失敗もするし、怒りそうになるのですが、結局怒らず褒める方法でトイレトレーニングをした方が手間がかからないということが分かっています。

一度覚えてしまえば忘れないので、根気強くおこなっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました