【一番多い心臓病】犬の僧帽弁閉鎖不全症(MR)

犬との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は「犬の僧帽弁閉鎖不全症」を解説します。

この記事は、

  • 犬が最近咳をするようになった
  • 犬がハアハアしていることが多くなった
  • 散歩の距離が短くなってきた

におすすめです。

犬の僧帽弁閉鎖不全症、通称「MR」は、犬の心臓病で最も多い病気です

昔からよく発生する病気だとわかっていたので、様々な治療法が開発され、効果のある治療法、無い治療法が入り混じっています。

今回は「僧帽弁閉鎖不全症がどういう病気か」「どういった治療をするのか」をわかりやすく解説します。

たま
たま

僧帽弁閉鎖不全症は本当によく見る病気です。

ぜひみなさんも僧帽弁閉鎖不全について知っておき、怪しい場合は動物病院に行きましょう。

犬の僧帽弁閉鎖不全症ってどんな病気?

犬の僧帽弁閉鎖不全症ってどんな病気何でしょうか?

とういうよりそもそも僧帽弁って心臓のどこでしょうか?

僧帽弁の場所や、心臓の働きを知らなければ僧帽弁閉鎖不全症を理解することはできません。

まず正常な心臓を理解していきましょう。

正常な心臓の働きはどんなもの?

正常な心臓の働きを見ていきましょう。

この図は人の心臓ですが、非常にわかりやすくできています。

全身から帰ってきた血液は心臓をA→Bと流れ、肺に入り、肺からCに帰ってきて、D→Eと流れて全身に流れていきます。

C(左心房)からD(左心室)に流れる箇所にあるのが、「僧帽弁」です。

僧帽弁はD(左心室)からC(左心房)に血液が逆流するのを防ぐ役割を持っています。

たま
たま

僧帽弁の場所と働きをわかってもらえましたか?

なぜ僧帽弁閉鎖不全症になるの?

実は僧帽弁閉鎖不全症の原因はわかっていません。

僧帽弁に粘液腫様変性という変化が起こり、僧帽弁が閉まりにくくなるということはわかっています。

しかし、なぜ変化が起こるのかはわかっていないのです。

たま
たま

原因がよくわからないので、予防は不可能に近いです。

僧帽弁閉鎖不全症の症状は?

僧帽弁閉鎖不全症の症状は、血流の逆流と心臓の物理的な変化によるものです

肺から戻ってきた血液には酸素がたくさん入っています。

普段はその血液をしっかりと全身に運べているので、特に問題が起きません。

ですが僧帽弁が悪くなると、血液の逆流が起こるので十分な量の血液を全身に送れません。

そのために全身で酸素不足が起こり、呼吸が激しくなったり、散歩からすぐに帰りたがるという症状が出ます

逆流した血液はどこに行くのでしょうか?

逆流した血液はまず左心房に溜まります。

溜まる量がどんどん増えてくると、左心房が風船のように膨らみ、大きくなっていきます。

風船のように膨らんだ左心房が近くにある気管を圧迫すると、咳が出ます

左心房はある程度まで大きくなれますが、限界に近づくにつれて圧力がどんどん高まってきます。

圧力が高まっていくにつれて、肺から血液が帰って来にくい状態になります。

すると肺に血液(正確には血液の一部の成分)が漏れ出し、肺に水がたまります。

この状態を肺水腫と呼び、呼吸困難の症状が出ます

たま
たま

まとめると症状は、運動が辛くなる、咳が出る、呼吸困難です。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の診断は?

犬の僧帽弁閉鎖不全症は、聴診とレントゲン、超音波検査(エコー)で診断します。

犬の僧帽弁閉鎖不全症は非常に多い病気なので、各検査に世界的な基準値が設定されています。

聴診による診断

僧帽弁閉鎖不全症の心臓を聴診すると、普通聞こえるはずのない音が聞こえます

それを「収縮期雑音」と呼び、その程度で僧帽弁閉鎖不全症の程度もだいたいわかります。

収縮期雑音の程度はLevine(レヴァイン)分類と呼ばれています

  • Levine 1/6:注意深く聴診器で聞くとわかる雑音
  • Levine 2/6:聴診器で聞くとすぐわかるが、弱い雑音
  • Levine 3/6:聴診器で聞くとすぐわかり、強い雑音
  • Levine 4/6:聴診器で聞くとすぐわかり、胸の震えがわかる
  • Levine 5/6:聴診器で聞き取れる最も強い雑音
  • Levine 6/6:聴診器なしでもわかる雑音
たま
たま

雑音は「ザーッ」というような音で、心臓の「ドックン」という音の間に聞こえてきます。

レントゲンによる診断

僧帽弁閉鎖不全症が進み、左心房が大きくなってくれば、レントゲンでの診断が可能です

胸のレントゲンを撮ると、主要な臓器として「心臓」「肺」「気管」「大きな血管」が見えます。

心臓は大きさの目安が決まっており、その目安を超えていれば、心臓が大きいと判断できます

さらに左心房の場所もだいたい分かるので、その部分が特に大きければ、僧帽弁閉鎖不全症かもしれないと考えます。

たま
たま

レントゲンは肺水腫の診断が特に得意で、重症の僧帽弁閉鎖不全症の犬が来たときに特に役立ちます。

超音波検査による診断

僧帽弁閉鎖不全症の検査で、最も重要な検査が超音波検査です。

超音波検査では心臓の形はもちろん、血液の動きを見ることができるので、本当に逆流しているかどうかが判断できます

僧帽弁閉鎖不全症では左心房が拡大しますが、「これは大きい!」「ちょっと大きい気がする」などの評価では頼りないですよね?

超音波検査では左心房の大きさを大動脈とくらべることで、客観的な数字で拡大を評価することができます(LA/AO比と言います。)

また、「本当に血が逆流しているの?」という疑問も、カラードップラーという機能を使えば解消できます

超音波検査では他の検査でわからないことも詳しく、客観的に評価できるので、治療の効果が出ているかどうかを見るのにも使われます。

たま
たま

超音波検査なしでは僧帽弁閉鎖不全症を治療することはできないと言ってもいいでしょう。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療は?

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療は、ACVIMという世界的な団体でガイドラインが作られています。

このガイドラインは非常によくできており、どういう状況でどういう治療をすればよいかが事細かに書いてあります。

なのでこのガイドラインに従えば、どの獣医師が治療を行っても同じ結果になります。

(実際には獣医師の不勉強や犬に投薬できないなどの要素で結果は変わりますが…)

ではACVIMのガイドラインをできるだけ噛み砕いて説明するので、見ていきましょう!

Stage Aの僧帽弁閉鎖不全症

ここには生まれながらにして僧帽弁閉鎖不全症のリスクが高い犬が分類されます。

代表的な犬がキャバリアです。

キャバリアは遺伝的に僧帽弁閉鎖不全症になるリスクが非常に高く、常に警戒する必要があるためStage Aに分類されます。

もちろん何か症状があるわけでは無いので治療はしません。

たま
たま

生まれながらにして、「君は病気です」と言われていると思うとちょっとかわいそうですよね(笑)

Stage Bの僧帽弁閉鎖不全症

Stage Bの治療方針は2019年に変更があり、使う薬が変わったので、知らない獣医師もいるかも知れません。

Stage BはStage B1とStage B2に別れます。

Stage B1の治療

Stage B1は心雑音が聞こえるものの、レントゲンやエコーで異常がみられない僧帽弁閉鎖不全症が分類されます。

この段階では咳や散歩からすぐ帰りたがるなどの症状は全く見られません。

また、この段階での治療は全く必要がないとされています。

たま
たま

以前は「この段階で治療すべきかどうか」という点が、獣医師によって異なり混沌としていました。

Stage B2の治療

Stage B2は心雑音が聞こえ、レントゲンやエコーで異常が見られる僧帽弁閉鎖不全症が分類されます。

しかし、症状は全くありません。

この段階からいよいよ治療が始まります。

使われる薬は以下のようなものです。

  • ピモベンダン(商品名:ピモベハート)
  • ACE阻害薬(商品名:フォルテコール、アピナックなど)

ピモベンダンは今回の改定からこのステージで使用されるようになったお薬で、心臓が縮む力を強める働きがあります。

僧帽弁閉鎖不全症は、左心房に血液が溜まって色々な症状が出るため、十分に血液を送り出すことが治療につながるという考え方です。

ACE阻害薬は昔から使われているお薬で、血圧を下げる効果があります。

血圧が高い、すなわち血管が細くなっていると、心臓が血液を送るのに力がいるため、それを防ぐ目的でお薬を投与します。

たま
たま

Stage B2の治療にピモベンダンを使うことが、今回の改定によって推奨されるようになりました。

Stage Cの僧帽弁閉鎖不全症

Stage Cはとうとう症状が出始めた段階です。

症状は咳や散歩からすぐに帰りたがる、呼吸が苦しそうなどです。

治療はStage Bの治療に加え、さらに積極的な治療を行わなければなりません。

使うお薬は以下のようなものです。

  • ピモベンダン(商品名:ピモベハート)
  • ACE阻害薬(商品名:フォルテコール、アピナックなど)
  • フロセミド(商品名:ラシックス)
  • トラセミド(商品名:ルプラック)
  • ドブタミン(商品名:ドブタミン)

フロセミドやトラセミドは利尿剤というおしっこをたくさん作るお薬です。

僧帽弁閉鎖不全症では、肺に水が溜まって肺水腫という状態になり、呼吸が苦しくなります。

そこで、肺に溜まった水をおしっこで出そうというのがこの薬です。

効果としては同じですが若干の違いがあり、フロセミドは速効性にすぐれ、トラセミドは長期間内服するのに向いています。

ドブタミンは心臓の働きを強くする効果を持ちます。

なので、ピモベンダンでは対応しきれない場合に使用する場合があります。

たま
たま

肺水腫はレントゲンで診断します。

Stage Dの僧帽弁閉鎖不全症

Stage Dは僧帽弁閉鎖不全症の最終段階です。

Stage Cの治療では症状が治まらないものをStage Dに分類します。

Stage Dの治療は、Stage Cの治療に加え、酸素の吸入などやれることはすべて行います。

薬も可能な限りの最大量で投与し、同じ効果がある薬を2~3種類投与することもあります。

たま
たま

このステージまで来てしまうと、なかなか厳しいですね。

まとめ:犬の僧帽弁閉鎖不全症

いかがでしたでしょうか?

犬の僧帽弁閉鎖不全症を理解してもらえましたか?

僧帽弁閉鎖不全症は治療が複雑でなかなか難しいものです。

しかも色々なお薬を処方されるので、「このお薬って必要なの?」という疑問を感じる人も多いでしょう。

最初からすべてを理解するのは難しいので、まずは今回の記事でまとめたような基礎のみを抑えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました