【犬のドライアイ】犬の乾性角結膜炎の原因と治療法を解説

犬との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は犬のドライアイ、つまり「犬の乾性角結膜炎」について解説します。

この記事は

  • 飼っている犬の目がカサカサして見えるという方
  • 犬の目やにが多いように感じる方
  • 犬が目を眩しそうにショボショボしているという方

におすすめです。

犬のドライアイは「なんらかの原因で目の表面を潤す涙の量が少なくなり、目に感染や傷がつく病気」です。

そして治療には目薬や免疫抑制剤が使われます

犬のドライアイは気づかない方も多いですが、犬は不快に思っているので、ぜひ気づいて治療してあげましょう。

たま
たま

「犬でもドライアイになるの?!」と思った方もいるかも知れませんね。

実はよく見られる病気なので、この機会に勉強しましょう。

犬のドライアイってなに?

犬のドライアイは正式な名前を「犬の乾性角結膜炎」と言います。

人でもそうですが、普段目の表面は涙で潤されています。

その涙が失われる、目の表面に涙が留まれなくなると、目の表面が乾燥し、ドライアイを発症します。

ではなぜ涙が失われたり、目の表面に留まれなくなるのでしょうか。

その原因を見ていきましょう。

犬のドライアイの原因は?

ドライアイは涙が失われたり、目の表面に留まれなくなることによって起こります。

そもそも涙はどこで作られて、なぜ水分なのに目の表面で留まれるのでしょうか。

それを理解して、その機能が失われることによってドライアイになると考えれば、原因がわかりやすくなります。

涙が失われる原因は?

涙はまぶたの裏にある「涙腺」と「瞬膜腺」という部分で常に作られています。

そして「鼻涙管」という管で鼻に流れています。

なので普段、涙は目からあふれることなく、常に目を潤すことができています。

もうわかった方もいるかも知れませんが、「涙腺」や「瞬膜腺」が何らかの原因で働かなくなると、涙が作られずにドライアイを発症します。

この何らかの原因は、自分の免疫が「涙腺」や「瞬膜腺」を攻撃することによって起こると言われています。

たま
たま

自己免疫性疾患という病気ですね。

目に涙が留まれない原因は?

実は涙は涙だけで目の表面に長時間留まることができません。

普段はまぶたの裏側にある様々な「脂腺」から出る「脂」、目の表面から分泌される「ムチン(粘液)」「涙」が混ざることで、目の表面に涙が留まっています。

ですがこの脂腺が詰まったり、ムチンが作られなくなることがあります。

そうすると脂やムチンが出なくなり、涙が目の表面にとどまることができなくなってしまいます。

脂腺が詰まったり、ムチンが出なくなる原因は、結膜炎などの炎症であることが知られています。

たま
たま

脂腺には、マイボーム腺、ツァイス腺、モル腺などがあります。

犬のドライアイの症状は?

犬のドライアイの症状は「目やに」、「目の乾燥」、「目をショボショボする」などです。

目の表面の細胞は、涙から酸素や栄養を供給されているので、涙が不足すると細胞が死んでしまいます。

すると、目の表面に感染が起きたり、傷ついたりして目が痛くなります。

目の感染は目の表面を傷つけるだけでなく、目やにを増加させます。

たま
たま

目が痛くてショボショボしている様子が、眩しそうにしているように見えます。

これを「羞明感(しゅうめいかん)」と言います。

犬のドライアイの診断は?

犬のドライアイの診断は、「シルマー試験」と呼ばれる検査により行います。

シルマー試験の画像はググっていただきたいのですが、簡単に説明すると「1分間にどのくらい涙が作られているか」を検査しています。

この数値が基準より低く、目の表面にドライアイの症状がある場合、ドライアイと診断をします。

他にも、ドライアイのせいで角膜が傷ついている可能性があるので、フルオレセイン染色という目の傷を色づける検査を行います。

たま
たま

多くの犬はおとなしくシルマー試験をさせてくれないので、検査できた秒数を1分間に換算して涙液量を算出します。

犬のドライアイを治療する

犬のドライアイの治療は主に2本の柱で成り立っています。

その2本柱は、

  • 涙の補充
  • 免疫抑制剤の使用

です。

この2本柱に加えて、各症例にあった治療を加えることで、ドライアイを治療します。

涙の補充

犬のドライアイは涙の量が不足しているので、「涙を補充しよう!」という治療法です。

涙の補充には目薬が使われます。

よく使われる目薬はヒアルロン酸配合の目薬で、ヒアルロン酸が入っている事によって、涙が長く目の表面にとどまるようになっています。

  • ヒアルロン酸配合点眼液

商品名:ヒアレインミニ、ヒアルロン酸Na点眼液0.1%など

たま
たま

市販のソフトサンティアなどでも涙は補充できますが、ヒアルロン酸が入っているもののほうが効果が良いです。

免疫抑制剤の使用

犬のドライアイの原因である涙の量の減少は、自分の免疫が過度に働くことによって起きると言われています。

よって、免疫を抑えるような薬を使います

免疫を抑えるようなお薬は、飲み薬で使うと副作用(免疫力の低下)が心配なので、目に直接塗る軟膏(眼軟膏)として使用します。

また、免疫抑制剤入りの眼軟膏は、涙の量を増やす作用もあり、一石二鳥のお薬となっています。

  • 免疫抑制剤入り眼軟膏

シクロスポリン眼軟膏(商品名:オプティミューン眼軟膏)

たま
たま

「目に直接塗ると痛そう…」と思うかもしれませんが、意外と痛くないようです。

また、ネトっとしているので目を保護できるというオマケもついています。

その他の治療

犬のドライアイは各症例によって状態が違うので、プラスαの治療法が色々と存在します。

結膜炎などの感染があれば抗菌薬を使います。

脂腺が詰まってドライアイになっている犬では、温罨法(おんあんぽう)を行います。

温罨法はわかりやすく言うと、ホットアイマスクのことです。

脂腺に詰まっているのは、もちろん脂なので、温めることでサラサラになり、詰まりが解消されます。

具体的な温罨法の方法は、獣医さんによって様々ですが、蒸しタオルを目の上に数分間乗せるように指示されると思います。

たま
たま

温罨法は費用がかからず、効果も出るので良い治療法です。

ただ、犬の性格によってできるかどうかが大きく左右されるのが欠点ですね。

犬のドライアイの予防

犬のドライアイの予防に効果があるものは残念ながら存在しません。

ただ、一度ドライアイを発症した犬は、再発の可能性が高いので、ヒアルロン酸点眼を継続することが予防につながります。

たま
たま

だれかドライアイの予防法を開発してくれませんかねえ…

まとめ:犬のドライアイ

いいかがでしたでしょうか。

犬のドライアイは免疫が関わってくる病気であることがわかってもらえましたか?

犬のドライアイは自然に治ることがなく、犬にとって不快な病気です。

早めに気づいて動物病院に連れて行ってあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました