【夏は要注意】犬の熱中症をわかりやすく解説

犬との暮らし

こんにちは、たまです。

今回は夏に多い「犬の熱中症」について解説します。

この記事は、

  • 犬は熱中症にならないと思っている方
  • 犬の熱中症は大したことがないと思っている方
  • なぜ熱中症が危険なのかいまいちピンとこない方

におすすめです。

犬の熱中症は致死率も高く、非常に危険な状態です

少し気をつければ絶対にならない病気なので、知識をつけて予防しましょう。

たま
たま

人で熱中症の認知度が上がったおかげで、以前よりは減ったみたいですが、まだまだ熱中症になる犬がいます。

熱中症とは

熱中症とは「高温状態による体の異常」を指します。

犬の平熱は皆さんご存知ですか?

犬種にもよりますが、犬の平熱は37.5~38.5℃くらいです。

熱中症の場合、犬の体温は40℃を超えるので、明らかに高温状態ですね。

なぜ熱中症になるの?

なぜ熱中症になるのかを考えたことはありますか?

人もそうですが恒温動物は常に体温を一定にする機能を持っています。

(ヘビなどの変温動物は外気温により大きく体温が変化します。)

例えば人の場合、汗をかき、汗が乾くときに皮膚の熱を奪うことで体温を下げます。

他にも、体の表面に近い血管を拡張し、熱が逃げるのを促したりもします。

一方犬では、パンティングと呼ばれる呼吸によって体温を下げています。

(犬は汗腺がないので、汗をかいて体温を下げることはできません)

これらの体温を一定にする(下げる)機能を上回って、体温が上がってしまう環境にいると、熱中症になってしまいます。

たま
たま

犬は汗をかかないと言いますが、実は足の裏で少しだけ汗をかいています。

犬の熱中症の症状は?

犬の熱中症の症状は、意識の障害、嘔吐、内出血などです

人の場合は自分から「気分が悪い」、「ぼーっとする」などという症状で対策を取れますが、犬ではそれができません。

なので人と比較して犬のほうが重症になりやすいと言われています。

たま
たま

繋がれていたりすると、犬は涼しい場所に移動することもできませんからね。

なぜこんな症状が起こるの?

なぜ体温が上がると意識障害や嘔吐、出血が起こるのでしょうか?

それは体の細胞が機能を発揮できなくなったり、壊れたりしてしまうからです

異常な体温の上昇時、41℃くらいで神経にダメージを負うことが知られています。

末梢の神経はもちろんですが、脳や脊髄も神経の集まったものなので、ダメージを受けます。

これが意識障害や嘔吐に繋がります。

さらに体温が上がって42℃前後になると、細胞がエネルギーを利用できなくなり、壊れ始めます。

この状態が長く続くと壊れる細胞の数が多くなり、様々な臓器(例えば腸や腎臓)が機能を失っていきます。

もちろん血管も細胞でできているので、血が漏れ出しますし、それを止める細胞も働けないので出血が止めらなくなります。

たま
たま

早く体温を下げないといけないことがよくわかりますね。

犬の熱中症の特徴は?

まず大前提として、犬は暑さに弱い動物です。

犬は毛に覆われており、汗腺もないため、人と比較して熱中症になりやすい特性を持っています

さらに飼育されている犬は、自由に水を飲んだり移動できるわけではありません。

室内に水がないからと言って蛇口をひねることもできませんし、外に出ていくこともできません。

なので気を使ってあげないとすぐに熱中症になります。

他にも、

  • 散歩中はアスファルトに近いため、照り返しの影響を強く受ける
  • 特に短頭種は体温を下げることが苦手

といった特徴もあります。

たま
たま

パグ、ブルドック、フレブルなどの短頭種は、人では考えられないような気温・室温で熱中症になります。

早めからクーラーを使うなど気を使ってあげましょう。

犬の熱中症の治療

熱中症の治療は冷やして点滴を流すことです

とにかく体温を下げないことには始まりません。

しかし注意点がいくつかあります。

  • 氷を当てるのは首や鼠径部など太い血管がある場所のみ
  • 冷風を当てる
  • 濡れタオルをかけて気化熱で冷やす
  • 体温測定で39.5℃以下まで冷やさない
  • 水に全身をつけない

特に水にドボンと漬けない点は意外なのでは無いでしょうか?

実は水にドボンと漬けると、体表にある血管が収縮し、熱が逃げにくくなることが知られています。

なのでむしろ逆効果ということですね。

次に点滴ですが、熱中症の犬はほぼ100%脱水状態になっています。

なので点滴で脱水を解消します。

さらに腎臓がダメージを受けることも多いので、尿道に管を入れて尿量を計ったりもします。

たま
たま

他にも酸素吸入をしたり、できることをすべてやります。

犬の熱中症はどのくらい治る?

熱中症になってからすぐに病院に連れてきて対処できれば、割と治る印象があります。

しかし、意識も全く無く、出血しているような状態の犬はほとんど助かりません。

そもそも出血しているような犬はDICと呼ばる状態になっていることが多く、色んな臓器に血栓ができ詰まっています。

なのでDICになってしまうと、熱中症の治療をしても助かりませんし、DICの治療は非常に難しく高確率で死に至ります。

たま
たま

DICは膵炎、子宮蓄膿症、腫瘍などでも見られる状態で、非常に厳しい状態のことです。

まとめ:犬の熱中症

いかがでしたでしょうか?

犬の熱中症が非常に怖い病気だとわかっていただけたでしょうか。

犬は人と違う部分もあり、熱中症になりやすい動物です。

犬が熱中症になるかどうかは、飼い主であるあなたにかかっているので、ぜひ気をつけてあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました