【猫の心臓病】猫の肥大型心筋症をわかりやすく解説

猫との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は「猫の肥大型心筋症」について解説します。

この記事は、

  • 猫の心臓病に興味がある人
  • 飼い猫の様子がおかしい方
  • 飼い猫の後ろ足が突然動かなくなったという方

におすすめです。

猫の肥大型心筋症は、猫の心臓病の中で圧倒的に多い病気です。

場合によっては突然死を起こしたり、後ろ足の麻痺を起こしたりするので、肥大型心筋症について知っていなければ非常にびっくりすると思います。

ぜひこの機会に知識を入れておきましょう。

たま
たま

肥大型心筋症は腎臓病と同じく猫に非常に多い病気です。

知識をつけておき、早期発見に努めましょう!

猫の肥大型心筋症ってなに?

肥大型心筋症はその名の通り、心臓が大きくなる(肥大する)病気です。

心臓が肥大すると言っても、外側に大きくなるのではなく、内側に大きくなるので、心臓の血液が入る部分が狭くなります。

猫の肥大型心筋症では、特に図のDの部分である「左心室」と呼ばれる部分が狭くなることが知られています。

なぜ肥大型心筋症になるの?

実は肥大型心筋症の原因はいまだに解明されていません。

一部の猫種で肥大型心筋症が多いことから、遺伝的な原因も考えられていますがはっきりとしたことはわかっていません。

そして日本ではMixの猫の割合が一番多く、Mixの猫も肥大型心筋症になるため、遺伝的な原因があるからと言ってなにもできないのが現状です。

たま
たま

メインクーン、アメショ、ペルシャで肥大型心筋症が多いと言われています。

肥大型心筋症の症状は?

肥大型心筋症の症状は非常に色々なものがあります。

軽い症状は以下のようなものです。

  • 食欲が落ちた
  • どことなく元気が無い気がする
  • 運動量が減った
  • 嘔吐の回数が増えた

このような症状はどんな病気でも出る症状なので、これだけで肥大型心筋症と疑える場面は少ないでしょう。

もっと病気が進むと以下のような症状が出てきます。

  • 呼吸が荒い
  • 突然後ろ足が動かなくなった
  • 口を開けて呼吸をしている

呼吸が荒く口を開けて呼吸をしているというのは、肺に水が溜まっている状態であることが多いです(肺の外側、胸の中に水が溜まっている場合もあります)。

これは心臓の左心室が狭くなる結果、肺から十分に血液が戻って来れなくなり、肺に水分が漏れ出すことによって起こります。

突然後ろ足が動かなくなるのは、血栓による症状です。

左心室が狭くなるとその前の部屋である左心房に血が溜まります。

するとそこで血が固まってしまい、その固まった血が後ろ足に向かう血管に詰まることで、麻痺が起こります。

この状態を血栓塞栓症と呼びます。

血栓塞栓症は非常に危険な状態で、手術で動かなくなった足を切断する場合もあります。

血栓塞栓症の症状は以下のようなものです。

  • 麻痺
  • 痛み
  • 足の冷感
  • 脈が取れない
  • 肉球の色が青紫
たま
たま

犬で急に後ろ足が麻痺したなら椎間板ヘルニアが多いですが、猫で後ろ足が急に麻痺したら肥大型心筋症を疑います。

猫の肥大型心筋症の診断は?

猫の肥大型心筋症の診断は、超音波によって行います。

ちょっと前まではレントゲン検査で「バレンタインハート」と呼ばれる特徴的な心臓の形を見れば診断できると言われていました。

しかし肥大型は内側に向かって心筋が大きくなるので、ある程度病気が進行して左心房が大きくならなければ診断できません。

なので最近は超音波(エコー)検査で肥大型心筋症を診断します。

超音波検査で左心室が狭くなっていれば肥大型心筋症と診断できます。

たま
たま

最近は血液検査によって「NT-pro ANP」「NT-proBNP」と呼ばれる値を測定して、診断する人もいます。

猫の肥大型心筋症の治療は?

肥大型心筋症の治療はどのようにしていくのでしょうか?

肥大型心筋症は今現在原因がわかっていない病気なので、大きくなった心臓を小さくするような治療は存在しません。

したがって治療の目的は、症状の緩和となるべく心臓の肥大化を遅らせることになります。

心臓に対する治療

心臓が悪くなる病気なので、心臓に対する治療は欠かせません。

使われるお薬は以下のようなものです。

  • ACE阻害薬

エナラプリル(商品名:エナカルド)、アラセプリル(商品名:アピナック)、ベナセプリル(商品名:フォルテコール)

  • カルシウムセンシタイザー

ピモベンダン(商品名:ピモハート)

  • β遮断薬

カルベジロール(商品名:アーチスト)、プロプラノロール(商品名:インデラル)など

ACE阻害薬は血管を拡張させるようなお薬です。

肥大型心筋症は心臓が十分に血液を送り出せなくなるので、心臓が少しでも楽に血液を送り出せるように血管を拡張させてあげます。

カルシウムセンシタイザーは心臓の力を強くするお薬です。

肥大型心筋症の心臓は血液を送り出すために頑張りすぎ、心拍数が上昇しているので、1回の収縮力を高めてあげることで心臓の負荷を減らします。

β遮断薬は心臓を適度に休めてあげるお薬です。

肥大型心筋症の心臓は頑張りすぎて長い目で見ると心臓が弱ってしまうので、このお薬をあげて心臓を適度に休ませてあげます。

たま
たま

特にピモベンダンは最近必須の治療になってきています。

呼吸に対する治療

心臓が悪くなることで、肺に水が溜まってしまい呼吸困難になってしまいます。

そこで肺に溜まった水を取り除くようなお薬を投与します

  • 利尿剤

フロセミド(商品名:ラシックス)、トラセミド(商品名:ルプラック)

利尿剤はおしっこを増やすようなお薬で、「肺から水分を排出したいので、おしっこで出してしまおう」という発想で使います。

また肺ではなく胸の中に水が溜まった場合(胸水がある場合)は、胸に針を刺して直接水を抜きます。

たま
たま

利尿剤は注射や錠剤など様々な形で投与できます。

血栓に対する治療

血栓が詰まってからの治療は選択肢が少なく、治る可能性も高くありません。

まず選択肢の1つ目は手術により詰まった血栓を取り除くことです。

ただこの手術は多くの獣医師が実施しておらず、現実的ではありません。

現実的に行われるのは、以下のお薬を使った内科的な治療法です。

  • 血栓溶解剤

ウロキナーゼ(商品名:フジ)、組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)製剤

  • 血栓予防薬

低分子ヘパリン(商品名:ダルテパリン)、クロピドグレル(商品名:クロピドグレル錠)

血栓溶解剤は一度できてしまった血栓を溶かすようなお薬です。

ただ、発症から時間が経つと使えない、副作用が大きい、費用が高額など問題点も多いです。

血栓予防薬はこれ以上血栓ができないようにするお薬です。

これ以上血栓ができないようにしつつ、今詰まっている血栓は体が自然に溶かすのを待つという治療法で使われます。

実際にはこの治療法が選択されることが多く、治療初期には低分子ヘパリンを使い、クロピドグレルを長期的に使っていくことが多いです。

たま
たま

手術は麻酔のリスクなどと手術のメリットを比較した場合に、リスクのほうが大きい可能性が高く、手術を選択することは少ないです。

まとめ:猫の肥大型心筋症

いかがでしたでしょうか。

猫の肥大型心筋症についてわかっていただけましたか?

肥大型心筋症は完全に治すことはできず、一生涯付き合っていくような病気です。

ただ適切に治療できればかなり長生きできる場合もあるので、治療を頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました