【猫の風邪】猫のヘルペスウイルス感染症とカリシウイルス感染症

猫との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は猫の風邪の原因である「猫ヘルペスウイルスと猫カリシウイルス」について解説します。

この記事は、

  • 飼っている猫が鼻水を垂らしている方
  • 飼っている猫の目ヤニがひどい方
  • 動物病院で猫風邪と診断された方
  • 猫風邪について知りたい方

におすすめです。

猫風邪の原因はウイルスで、完全に治すことは難しいのですが、意外とその事実が知られていません。

一緒に勉強していきましょう。

たま
たま

猫風邪の原因がウイルスってご存知でしたか?

猫ヘルペスウイルス感染症ってどんな病気?

まず猫ヘルペスウイルス感染症について解説します。

猫ヘルペスウイルスはα-ヘルペスウイルス属に属するDNAウイルスです。

また、エンベロープと呼ばれる膜を持っています。

猫ヘルペスウイルスの1番の特徴は、1度ウイルスに感染するとウイルスが体の中に潜伏し、体が弱ったときに症状が出ることです

たま
たま

ウイルスが神経に潜伏するんですよ。

すごいですよね。

猫ヘルペスウイルスの感染経路

感染経路は経口、経鼻、経結膜感染であると考えられています。

感染している猫の鼻水や目ヤニの中に大量のウイルスが存在して、くしゃみをしたり顔をくっつけたりすることによって感染します。

感染したウイルスは、鼻、結膜、気管の粘膜で増殖して症状を出すようになります。

たま
たま

くしゃみや接触で感染してしまうので、子猫が集まっている環境で1匹が発症すると、急速に感染が広がりす。

猫ヘルペスウイルス感染症の症状

猫ヘルペスウイルス感染症の症状は以下のようなものです。

  • 元気がなくなる
  • くしゃみ
  • 食欲がなくなる
  • 発熱
  • 鼻水
  • 結膜炎
  • 目ヤニ

太字にしたものは、カリシウイルス感染症と比較して症状が目立つものです。

ひどい場合には、鼻水や目ヤニが固くなり、目と鼻の穴をふさいでしまうことがあります。

たま
たま

鼻水や目やにが固まってしまった場合は、濡れたガーゼやティッシュで優しくとってあげてください。

猫カリシウイルス感染症

では次に猫カリシウイルス感染症について解説します。

猫カリシウイルスは、カリシウイルス属のウイルスで、RNAウイルスです。

またエンベロープを持たないという特徴があります。

猫ヘルペスウイルスと比較すると、身の回りの環境に強いウイルス(環境抵抗性が強いウイルス)で、常温で1カ月間、低温ならもっと長く感染性を持ちます

たま
たま

エンベロープという膜を持たないウイルスは、アルコールが効かないという特徴を持っています。

猫カリシウイルスの感染経路

感染経路は猫ヘルペスウイルスと同じで、経口、経鼻、経結膜感染であると考えられています。

感染している猫の鼻水や目ヤニの中に大量のウイルスが存在して、くしゃみをしたり顔をくっつけたりすることによって感染します。

感染したウイルスは、口、鼻、結膜、気管の粘膜で増殖して症状を出すようになります。

また猫ヘルペスウイルスと違う点として、関節で増殖して関節炎を起こすこともあります。

たま
たま

まあほとんどヘルペスウイルスと同じと思ってもらって構いません。

猫カリシウイルス感染症の症状

猫カリシウイルス感染症の症状は以下のようなものです。

  • 元気がなくなる
  • くしゃみ
  • 食欲がなくなる
  • 発熱
  • 鼻水
  • 結膜炎
  • 目ヤニ
  • 口内炎
  • 関節炎

太字にしたものは、猫ヘルペスウイルス感染症と比較して症状が目立つものです。

また、カリシウイルスの中でも強毒株と呼ばれる病原性の強いウイルスは、死に至る程の症状を引き起こす場合があります。

たま
たま

強毒株であるかどうかを普通の病院で判断するのはなかなか難しいです。

猫風邪はどうやって治療するの?

猫のヘルペスウイルス感染症とカリシウイルス感染症は、症状が非常に似ています。

なので動物病院ではこの二つの病気を見分けることはなく、治療する場合が多いです。

治療法は基本的に対症療法で、皮下点滴を行うことが多いです。

また、猫ヘルペスウイルスに効くとされているので、アシクロビルやファムシクロビルといった抗ウイルス薬を使うこともあります。

多くの猫は、10日~20日で症状が治まります

ただ、症状が治まるだけでありウイルスが体内からいなくなったわけではないので、いつか再発してしまう可能性があることを覚えておいてください。

たま
たま

抗ウイルス薬は高額なので、使うかどうかは飼い主の方の経済状況によります。

猫風邪の予防法

一番の予防法は、ワクチンを打つことです。

猫ヘルペスウイルスと猫カリシウイルスのワクチンは、3種混合ワクチンという一番安価なワクチンに含まれているので、ぜひ接種しましょう。

ただ、このワクチンは症状が出るのを予防するワクチンであり、感染を予防するワクチンではない点に注意しましょう

これはワクチンを打っている猫の体内にウイルスが常にいて、その猫からワクチンを打っていない別の猫に感染してしまう可能性があるということです。

なので2匹以上の猫を飼っている場合は、全員にワクチンを打ちましょう。

たま
たま

逆に1頭の完全室内外なら感染のリスクは高くないので、ワクチンを打つことを悩む場合もあります。

まとめ:猫のヘルペスウイルス感染症とカリシウイルス感染症

いかがでしたでしょうか。

猫の風邪は非常に多い病気で、困っている方も多いのではないのでしょうか?

獣医としても完全に治してあげたいのですが、体内から完全にウイルスを取り除くことはできないので常に再発の可能性が残ります。

再発させないようにするためには、ストレスなく健康的に過ごさせてあげる以外にありません

しっかりと猫の飼育環境を整えてあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました