【不治の病?】猫の伝染性腹膜炎(FIP)を解説

猫との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は「猫の伝染性腹膜炎」について解説します。

この記事は、

  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)という名前だけ知っているという方
  • 飼っている猫がFIPじゃないかと不安な方
  • 猫伝染性腹膜炎に興味がある方

におすすめです。

猫の伝染性腹膜炎は、猫コロナウイルスというウイルスによって引き起こされる感染症です。

一般的に治療が非常に難しく、致死率が非常に高い病気です。

だからといって予防できる病気でもないところがFIPの厄介なところです。

ではなぜこのような病気が発生するのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

たま
たま

猫伝染性腹膜炎は治療が難しい病気なので、獣医師としてもできれば引き当てたくない病気です。

猫伝染性腹膜炎ってどんな病気?

猫伝染性腹膜炎は、猫コロナウイルスによって引き起こされる感染症です。

実は猫コロナウイルス自体は世の中に溢れているウイルスで、通常「下痢」を引き起こす弱いウイルスです。

なので子猫が複数匹で生活している間に下痢を介して移り、ほとんどの猫が子猫のときに感染していると言われています。

ではなぜ多くの猫がウイルスに感染しているのに、FIPを発症しないのでしょうか?

実は同じ猫コロナウイルスでも病原性の強いものと弱いものが存在します。

そして強いものが感染してしまうと、FIPを発症すると言われています。

たま
たま

なぜ強いコロナウイルスが生まれるのかは今でも議論が続いています。

猫コロナウイルスの特徴は?

弱い猫コロナウイルスは感染している猫の便の中に存在し、便を介して感染が広がります。

一方強い猫コロナウイルスは、糞便だけでなく唾液や鼻水の中に存在し、それらを介して感染することが知られています。

他の特徴として、猫伝染性腹膜炎を起こす病原性の強いコロナウイルスは、免疫細胞の中で増殖するという点です。

他のウイルスは免疫細胞に食べられると、免疫細胞内で消化され、死んでしまいます。

しかし猫伝染性腹膜炎を引き起こすウイルスは、免疫細胞、特にマクロファージと呼ばれる細胞内で死なずに増殖することが知られています。

たま
たま

自分の免疫で抑えることができない厄介な病気ですね。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の症状は?

猫伝染性腹膜炎の症状は様々で、なんとなく熱っぽい、元気がないなどから始まります。

病気が進行すると、お腹に水が溜まってぷよぷよになる、変な動きをするようになる(神経症状)などの症状が出てきます。

他にも色々な症状があり、唇の裏やまぶたの裏が白っぽい(貧血)、唇の裏や耳の内側が黄色っぽい(黄疸)、呼吸困難を起こす場合もあります。

たま
たま

なんとも決め手に欠ける症状しか出さないのが、FIPの難しいところです。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の診断は?

猫伝染性腹膜炎の診断は様々な検査を組み合わせて行います。

まず1番簡単なパターンは、お腹に水が溜まっている場合です。

この場合その水を抜いて、水を検査することでかなり高い確率で診断することができます。

問題はお腹に水が溜まっていない場合です。

この場合は、血液検査でグロブリンという数値の上昇、超音波検査でリンパ節が腫れているかどうか等など色々な検査をする必要があります。

ただ最近は血液を外部の機関に送り、FIPかどうかを診断する方法が普及してきています。

たま
たま

猫伝染性腹膜炎かどうか悩む場面は意外と多いので、こういった検査がもっと一般的になるといいですね。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療は?

猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療は近年非常にややこしい状況になっています。

まず大前提として、猫伝染性腹膜炎は治らない病気だと考えてください。

猫伝染性腹膜炎に有効性がある薬は確認されておらず、症状の軽減を目的として、ステロイドやインターフェロンを投与します。

  • ステロイド

プレドニゾロン(商品名:プレドニゾロン)、メチルプレドニゾロン酢酸エステル(商品名:デポ・メドロール)

  • インターフェロン

猫インターフェロン(商品名:インターキャット)

また一昔前にはオザグレル塩酸塩(商品名:ドメナン)という血小板機能を抑制するお薬を投与する場合もありました。

しかしながら、これらの薬剤を投与しても治療は困難な場合が多いのが現実です。

そして近年一部の病院で「MUTIAN」と呼ばれる薬が使われています。

MUTIANは猫伝染性腹膜炎治療薬として開発されており、使用している一部の病院では治療効果が出ているようです。

ではなぜ効果がある薬を多くの病院が使わないのでしょうか?

実はMUTIANは中国で作られた薬で、含まれる成分であるMUTIAN Xが猫伝染性腹膜炎の治療に効果を発揮していると言っています。

しかしその中身は、アメリカで猫伝染性腹膜炎治療のために開発された「GS-441524」という物質を無許可で中国の会社が勝手に作り、「MUTIAN X」と名付けて製品化しています。

なので本来のプロセスである、毒性があるかないかのテスト、どのくらいの量投与できるかのテストなど安全性を確認するためのテストを行っていない可能性が高いお薬です。

確かに効果はあるようなお薬ですが、このような事情から多くの獣医師は手を出さないのが現状です。

たま
たま

安全面、倫理的な面からみても、自信をもっておすすめできる治療では無いですね。

ただ、「治るかもしれない」と思う飼い主の方の気持ちもよくわかります。

猫伝染性腹膜炎は予防できるの?

結論から言えば猫伝染性腹膜炎は予防できません。

子猫の頃に多くの猫は猫コロナウイルスに感染し、体内にウイルスが潜んでいる状態になっています。

この体内に潜んでいるウイルスが何らかの原因で変化し、強い病原性を持つことによって猫伝染性腹膜炎を引き起こすと考えられているため、予防のしようがありません。

ただこの変化したウイルスは病原性が強い状態で他の猫に感染してしまうため、もし猫伝染性腹膜炎と診断されている猫がいる場合には、その猫と他の猫の接触は避けましょう。

また、不特定多数の猫と接触する機会があるので、外飼の猫は要注意です。

たま
たま

できることは体調が悪そうならFIPを疑って動物病院に行くことくらいです。

まとめ:猫伝染性腹膜炎(FIP)

いかがでしたでしょうか。

猫伝染性腹膜炎についてわかっていただけましたか?

特に重要なのは基本的に治らない病気で、予防も難しいという点です。

この点だけはしっかり抑えて、眉唾ものの治療法や予防法に引っかからないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました