【食事で予防できる?】犬の急性膵炎の原因・治療法を解説

犬との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は「犬の急性膵炎」について解説します。

この記事は、

  • 犬が頻繁に吐いている
  • 犬の元気が明らかにない
  • 急性膵炎と診断されたが、よくわからなかった
  • 犬がよくなる病気を知りたい

という方におすすめです。

犬の急性膵炎は「強烈な嘔吐と腹痛を症状とし、場合によっては命に関わる病気」です。

もし犬が頻繁に吐いているなら、すぐに病院に行くことをおすすめします。

危ない嘔吐と様子を見てもいい嘔吐の区別がつかないと言う人は、こちらの記事を参考にしてください。

では犬の急性膵炎について一緒に見ていきましょう。

たま
たま

犬の膵炎は発症する頻度が高い割に、重症度が高い病気なんですよね。

そもそも膵臓って何をしている臓器?

そもそも膵臓って何をしている臓器かご存知ですか?

膵臓は「十二指腸に膵液を分泌する臓器」です。

(他にもインスリンなどのホルモンを分泌する機能がありますが、今回はややこしくなるので省きます。)

膵液の中には食べ物を分解する酵素が多く含まれており、胃で細かくされた食べ物を更に細かくするような働きをしています。

ここで、「なぜ食べ物を分解する酵素を持っているのに、膵臓は分解されないの?」と思った方はいるでしょうか?

実はこの疑問こそが膵炎の原因につながってくるものです。

たま
たま

膵臓って影が薄いですが、とても大事な臓器なんですよね。

犬の急性膵炎ってなに?

急性膵炎とはその名の通り、「膵臓に急性(突然)の炎症が起きた状態」のことです。

ではなぜ膵臓に炎症が起きるのでしょうか。

その原因は膵臓の自己消化であると言われています。

膵臓が作る膵液中には様々な消化酵素が含まれており、消化酵素はそのままなら膵臓も分解してしまいます。

そこで膵臓は消化酵素を膜で包み、十二指腸にたどり着いたあとに、包みを開けて消化酵素が作用するようにしています。

(消化酵素が包まれているものを「チモーゲン顆粒」と言います。)

ですが、このチモーゲン顆粒が何らかの原因で早めに開いてしまうと、膵臓自身が消化されます。

このようにして急性膵炎が起こります。

たま
たま

チモーゲン顆粒は消化酵素で開いてしまうので、膵臓で連鎖的に酵素が出てしまうんですよね。

急性膵炎の症状

症状は急性の嘔吐、食欲がなくなる、元気がなくなる、腹部痛などです。

膵炎の嘔吐は短い時間の中で数回連続で嘔吐し、食欲もなくなるので、そのような場合はすぐに動物病院に行きましょう。

もし様子を見てしまった場合、膵炎の強烈な炎症が体に悪影響を及ぼし、最悪の場合DIC(播種性血管内凝固)という状態になって死んでしまいます。

たま
たま

犬が強い腹痛を感じたときには、頭を下げお尻を突き上げるような体勢をとることがあります。

この体勢は人が祈りを捧げる様子に似ているので、「祈りのポーズ」と呼ばれています。

急性膵炎の診断

急性膵炎の診断は、血液検査と超音波検査を組み合わせて行います。

血液検査では、少し前までリパーゼ(Lip)という値を測定していました。

ですが現在は簡易型の膵炎診断キットが発売されており、そのキットで膵炎を診断することがメジャーになってきています

ただこのキットも100%の確率で膵炎を診断できるわけではないため、超音波検査も行い、最終的な判断を下します。

超音波検査では、膵臓自体の様子を確認するとともに、周りの脂肪に炎症が起きているかを見ています

キットで膵炎の反応が出現し、超音波検査でも膵炎の特徴が確認できれば、急性膵炎の治療を開始します。

たま
たま

キットは血が1滴あれば使用できる便利なものです。

しかし他に病気がないかを血液検査で調べなくてはいけないので、結局ある程度の量血を採る必要があります。

犬の急性膵炎の治療法

犬の急性膵炎の治療法は、入院での点滴と対症療法です。

急性膵炎では嘔吐が起きるので、体から水分が失われます。

それを補うために点滴が必須となります。

他にも強烈な吐き気と痛みを止めるために、吐き気止めと鎮痛薬が使われます。

また、一部の獣医師は「タンパク分解酵素阻害薬」と呼ばれるお薬を使いますが、このお薬が膵炎に効くという明確な研究結果は存在せず、費用もかかるので、使うかどうかは獣医師の間でも意見が別れます。

以下によく使われる薬をまとめておきます。

  • 吐き気止め

マロピタント(商品名:セレニア)、メトクロプラミド(商品名:プリンペラン)

  • 鎮痛薬

ブプレノルフィン(商品名:レペタン)

  • タンパク分解酵素阻害薬

フザプラジブナトリウム(商品名:ブレンダZ)、ナファモスタットメシル酸塩(商品名:フサン)

たま
たま

少し前までは、点滴をして水とご飯をあげないのが治療法とされていました。

ですが現在は、吐き気を止め、なるべく早くご飯を食べられるようにすることが良いとされています。

犬の急性膵炎の予防法

犬の急性膵炎はどんな生活をしていてもなる可能性があります。

ですが、好発犬種とその犬種が持つ特徴から、「こういう風にしたら、膵炎になる可能性が減るのではないか」と考えられている事はあります。

まず好発犬種として、ヨークシャー・テリア、ミニチュア・シュナウザーが有名です。

そして特にミニチュアシュナウザーでは、血液中のトリグリセリド(TG)が高いことが知られています。

(トリグリセリドは血中の脂質だと思ってください。)

なので、普段の食事を低脂質なものにして血中のトリグリセリドの濃度を下げれば、急性膵炎の予防に繋がる可能性があります

たま
たま

肥満の子は犬種関係なく膵炎になりやすいと言われているので、ダイエットを頑張りましょう。

まとめ:犬の急性膵炎

いかがでしたでしょうか。

犬の急性膵炎は、自己消化によって起きる病気だと言うことがわかっていただけたでしょうか。

何度も書くようですが、犬の急性膵炎は最悪の場合死に至る病気です。

犬が短い時間で何回も吐くようなら、すぐに病院へ連れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました