【犬の口臭の原因?】犬の歯周病の治療と予防

犬との暮らし

こんにちは、たまです!

今回は犬の口臭の主な原因である「犬の歯周病」について解説します。

今回の記事は、

  • 飼っている犬の口が臭いと感じる人
  • 飼っている犬が固いものを食べられなくなってきた人
  • 飼っている犬の歯石が多いように感じる人

におすすめです。

飼っている犬の口が臭いと、やっぱり嫌ですよね?

犬の平均寿命が延びるに伴って、歯周病で悩まされることが増えてきています。

歯周病を予防するためには歯磨きが最も重要ですが、根気と手間がかかります。

なのでこの記事を読むことで、歯磨きをする理由を確認し、歯磨きに対するモチベーションを維持しましょう!

たま
たま

口臭は日々の診察でも相談の多い悩みです。

口臭の原因はほとんどの場合歯周病なので、しっかり理解して治療しましょう。

犬の歯周病について

犬の歯周病について皆さんはどのくらい知っているでしょうか?

もし「なにも知らない…」となった人がいれば、ぜひここを読んでください。

犬の歯周病とは

犬の歯周病とは、その名の通り「歯の周りに起きる病気」を指す言葉で、もっと簡単に言うと、「歯茎に炎症が起きている病気」と考えてもらって大丈夫です。

歯茎に起こる炎症は、歯茎が赤く腫れるものから、歯の下にある骨を溶かすものまで様々です。

たま
たま

犬の歯周病は、人では考えられないくらい進行することがあります。

犬の歯周病の原因

犬の歯周病の原因を解説します。

歯茎の炎症は、歯と歯茎の境目に「歯石」が沈着することで起こります。

歯石の沈着までにはある程度の時間がかかります。

まず、日常生活で物を食べる時に歯の表面が傷ついたり、食べカスが沈着することで、歯の表面に細菌が増殖しやすい環境ができます。

細菌が増殖すると、細菌が自分を守るための物質を分泌し、バイオフィルムと呼ばれるものを作ります。

そのバイオフィルムにカルシウムが沈着して固くなったものが歯石です。

なので歯石は、「細菌の塊が固くなったもの」と言い換えることができます。

たま
たま

歯石になってしまうと、歯磨きで除去することはできません。

犬の歯周病の症状

犬の歯周病の症状は、人の歯周病と同じで「冷たい水が染みる」、「固いものが痛くて食べにくい」などから始まります。

人の場合はこのような症状の段階で治療することが多いですが、このような犬の症状を見抜ける人は少ないため、さらに進んだ症状が見られます。

進行した歯周病の症状は、「歯が自然に抜ける」、「鼻水が止まらない」、「鼻や首あたりの皮膚から膿が出る」などです。

鼻水が止まらないという症状は、上あごの骨が炎症により一部溶かされ、鼻とつながった状態で、口鼻腔瘻と言います。

また、鼻や首あたりの皮膚から膿が出るという症状は、歯茎に貯まった膿を出すために、皮膚に向かって管が作られ、口の中と皮膚がつながった状態です。

たま
たま

「鼻と口がつながるってよっぽどでしょ?」と思うかもしれませんが、意外と口鼻腔瘻になる犬は多くいます。

好発犬種は?

歯周病はどの犬にも発生しますが、特にミニチュアダックスなどの顔の長い犬やトイプードルなどの小型犬に多い印象です。

この理由は、口の中の唾液の回りが悪いためであると考えられています。

たま
たま

特にミニチュアダックスの歯周病は凄まじい時があります。

犬の歯周病の治療(犬の歯石取り)

犬の歯周病は、全身麻酔下でスケーリーング、ルートプレーニング・キュレッタージ、ポリッシング、必要であれば抜歯を行うことで治療します。

スケーリング

スケーリングは、歯に沈着した歯石をとる作業です。

歯石は固いので、超音波スケーラーという超音波の力で歯石を砕くような機械を使って除去します。

たま
たま

スケーリングは多くの動物病院で行っています。

ルートプレーニング・キュレッタージ

ルートプレーニング・キュレッタージは、歯周ポケットの掃除の事です。

歯周ポケットには、細かい歯石や腐った(壊死した)歯肉が溜まっています。

これを取り除くことで、歯肉が歯にくっつくのを促進し、歯周ポケットを小さくすることができます。

たま
たま

スケーリングと違って実施している動物病院が少ないと思います。

本当はやった方がいいんですけどね…

ポリッシング

ポリッシングは、歯の表面をツルツルに磨くことです。

スケーリングは歯の表面をザラザラにしてしまい、そのままだと歯石が沈着しやすい状態になっています。

なのでポリッシングを行うことで、歯の表面をツルツルにして歯石の沈着を防ぎます。

たま
たま

歯がつるつるになると、「今日のスケーリングも終わりか」と達成感があります。

抜歯

抜歯が必要な状況は以下のような状況です。

  • 歯の土台である骨が溶けて、歯がグラグラしている
  • 口と鼻がつながってしまっている
  • 鼻や首あたりの皮膚から膿が出る

このような症状が出ている場合は、抜歯をする必要があります。

たま
たま

抜歯は普通の動物病院でも行えます。

歯をどうしても温存したい場合は、歯に強い動物病院で相談しましょう。

犬の歯周病を予防しよう!

犬の歯周病は予防が最も重要です。

予防で最も効果的なのは、「歯磨き」です。

人と同じで犬も、歯ブラシを使って歯磨きをすることができます。

人との違いは、犬は自分で磨いてくれないことと、大半の犬が最初は歯磨きを嫌がることです。

ここでは、歯ブラシを使って歯磨きをさせてくれるようになるまでの手順を説明します。

  1. 口の中を触らせてくれるようにする
  2. 指にガーゼを巻き付けて歯を触ってみる
  3. ガーゼで口の中を隅々まで触ってみる
  4. 歯ブラシで歯を触ってみる
  5. 歯ブラシで歯を磨く

この順序で歯ブラシによる歯磨きをできるようにしていきます。

大事なところは、少しでも犬が何かを許容してくれれば、ご褒美をあげてほめてあげることです。

とにかく歯磨きは楽しい事なのだと教えてあげることが大事なことです。

そして嫌がったら無理をせず、1段階前に戻るなどして、ゆっくりと歯ブラシによる歯磨きに移っていくことが大切です。

どうしても無理なら、このような歯磨きシートで拭くだけでも全然マシです。

Amazon | ライオン (LION) ペットキッス (PETKISS) PETKISS 歯みがきシート 30枚X3P | ペットキッス (PETKISS) | オーラルケア 通販
ライオン (LION) ペットキッス (PETKISS) PETKISS 歯みがきシート 30枚X3Pがオーラルケアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ちなみに、「自然の犬は歯周病にならない。それは骨ごと食べているからだ。だから骨や蹄をかじらせると歯周病にならないんだ。」などと言う人がいます。

これは完全に間違った理論で、硬いものをかじれば歯周病にならないといった研究結果は存在しません

むしろ骨や蹄をあげると、犬の歯より硬く、歯が欠けることがあるので、やめておきましょう。

まとめ:犬の歯周病

いかがでしたでしょうか。

犬の歯周病は本当によくある病気で、治療をするためには麻酔をかけて処置をする必要があります。

そうなると費用もかかるため、放置される方も少なくありません。

そうならないために予防が重要なのですが、犬に歯磨きが必要であると知らない人が多いのも事実です

この記事を読んで、歯磨きの必要性を知った人は、ぜひ周りにその事実を広めてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました